東京ベイFC 都リーグ第13戦情報

第13戦(最終戦)。相手はむさしのFC。
その名前のとおり、武蔵野地区近辺でジュニア、ユースを中心に活動をしており、
ベイと同様、ジュニアからトップチームまで運営している地元密着型クラブチーム。
2008年度成績は9勝1敗2分 得点36 失点18 最終順位1位(2部)
混戦・接戦の2部リーグを勝ち切って、2009年度より1部リーグに返り咲く。
実は2部時代に一度対戦しているが、
その時はこのチームの実力を知らなかったのでフツーに勝利してしまった(苦笑)。
中盤でのポゼッションをしっかりしてくると思いきや、個の力で打開してくる。
良くいえば臨機応変、悪く言えば戦術が徹底されていないようにもみえる。
なかなか一筋縄にはいかないというか、
掴みどころのないスタイルが逆にこのチームの最大の強みか?
今シーズンは勝ち星に恵まれず下位を低迷しているが、
終盤に佐川CSを撃破するなど見事なアップセットを演じ、現在チーム状態は絶好調。
残留のかかったこの一戦、おそらくシーズン最高のモチベーションで挑んでくるはず。
今回の勝利のポイントはズバリ「先取点!」。
そう、ベイにとっては不得手な戦術だった、
「決して上から目線でない横綱相撲」がとれるかどうかだ。
これができれば、今シーズンのすべての経験はきっと来年につながるだろう。

最後に今シーズンの総括を下記の言葉で締めたいと思う…

「すべてのグループには本命がいる。
しかし、そのうちのいくつかは実際には敗退するものだ。
サッカーはものすごく変化した。
いい選手がいるからといってチームの成功が保障されることはもうない。
大事なことは、チームがいかに組織的であり、
選手がいかに戦術的な役割を果たせるかだ」。

セルビア・モンテネグロ代表 イリヤ・ペトコビッチ監督(当時)
[PR]
by tbfcinformer | 2009-09-24 23:18 | 対戦相手情報
<< 東京ベイFC 東京カップ3回戦... 東京ベイFC 都リーグ第12戦情報 >>