東京ベイFC 都リーグ第13戦(最終節)情報

最終節の対戦相手は東京23フットボールクラブ。
2009年度の成績は5勝6敗2分 得点23 失点24 最終順位7位
昨年は開幕戦で対戦し5得点を奪い快勝している。
しかしその好敵手も今年度より運営体制を変え、チーム名も改称し、
ほぼ完全に別のチームとして生まれ変わっている。
大多数の選手を入れ替え、コーチ陣を含め上位リーグ経験者を多数揃えた中で、
しっかりと上位リーグ並みの練習メニュー組み、チーム強化に励んでいる。
はっきりと「J」参入をアナウンスしているだけあって、
社会人チームとは一線を画したセミプロチームといえる。
実力のある選手を、これまた実力のあるコーチ陣が週4日以上コーチングするのだから、
これは強くてあたりまえである。
(強いだけでは「J」参入はできないことは衆目の一致するところであるが、
おそらく裏付けるものを持っているのであろう)

今シーズンはその実力通り順調に勝ち星を重ね、
10勝1敗とT.F.S.Cと首位を争う位置に付けている。
人もボールも動くアグレッシブな攻撃サッカーが身上で、
ほとんどの選手が90分走りきれる体力を持っており、
また、選手層も豊富でレギュラーが2~3枚欠けてもチーム力はほとんど落ちることがない。
よく訓練された、おそらく関東でも中位以上の実力を持つ強豪チームといえる。

よって試合のポイントは、前節のT.F.S.C.同様、
圧倒的な力にどこまで対応できるかだ。
また、相手のボールを奪うポイントを絞らせないことも重要である。
そしてもうひとつ。相手は「上」を目指すチーム。
都リーグのチームごときには絶対負けられないのである。
そのプライドが試合の展開によっては焦りにかわるかも知れない。
それが引き出せるかどうかはベイの戦い方次第である。
ベイらしい戦いができればその可能性は充分にある。

リーグ最終戦、9月決戦最終章。
やはり関東トーナメント出場権への扉は自らの手でこじ開けるものであった。
しっかり勝利という結果で関東への道を切り開こう。

また同時に、東京屈指実力を誇るチームとの対戦である。
注目度も高いマッチナンバーかもしれない。
お互いしっかり実力を出し合って、今年度の1部リーグのベストゲームにしようではないか。
[PR]
# by tbfcinformer | 2010-09-21 23:28 | 対戦相手情報